会社沿革

50年以上も愛され続けてきた歴史

大林設備工業は東京オリンピックのちょうど2年前、1962年に先代が大林設備工業所を個人として創業したのが始まりです。
起業以来二代にわたり、一貫して地元三木市を中心に、神戸市、河東市、小野市、稲美町で水道に関わる仕事を営みながら、多くの協力していただける企業様とともに、より安心安全な水をお届けすることに取り組んできました。そして、2009年に代表取締役に就任しました。これからも業務を通じて顧客満足を追求してまいります。

1962年(昭和37年) 大林設備工業所を個人にて創業。
三木市水道事業給水工事業者・排水設備工事業者として認可を受ける。
1982年(昭和57年) 資本金1000万円にて株式会社大林設備工業を創立。
三木市管工事業協同組合。
2007年(平成19年) 資本金2,000万円に増資
2008年(平成20年) 特定建設業許可取得
2009年(平成21年) TOTOリモデルクラブ正会員 809001
2009年(平成21年) 代表取締役社長に大林憲吉 就任
2010年(平成22年) グループ会社「(株)サンテック」設立
       



水道設備のコストダウン・削減方法をチェックできます

運営サイト・ブログご紹介